インターナショナル・キンダースクール

小学校進学はどうする?

Oくんの通うキンダースクールは、田舎にあるこじんまりとしたスクールなので
小学部は併設されていません。
なので皆、小学校はそれぞれ地元の小学校か私立の小学校に進学されます。


今までキンダーで週5日約35時間月に140時間も英語で生活していました。
だけど小学校に進学するとその時間は激減してしまうんです。


一年しか通っていないので、未満児や年少から入っている子達に比べると
会話力が全然ですが、この僅かな会話力でも頑張ってキープし、且つ、
英語の下地を広げてあげると中学校・高校で力を発揮できるんでないかなと考えています。


普通の小学校に通って普通に生活していたら、アッという間に英語は忘れてしまうと思います。
だって、普通の小学校では英語を話す必要性が無いですもんね。
もうここまできたら、維持するにも大変です・・・。


ren.png子供をインターナショナルスクールに入れると言う事は、その後の
進路の事も考えて入れなければなりません。


もしOくんの通うスクールに小学部があったなら、そのまま進級させていたかもしれません。
小学部に進学すれば中学部もインターになるので、高校・大学の進路先は海外の・・・ということに
なっていたかもしれません。


しかし、小学部・中学部・高等部と揃っている一般のインターナショナルスクールだった場合、
Oくんをキンダーに入れなかったと思います。だって・・・そんなに財力がありませんもの・・・
キンダー限定だったので頑張って入園させたんです


・・・チョッと脱線してしまったので、話を戻します。


ネイティブに囲まれて生活していた帰国子女でも
低学年で帰国すると英語力の保持が難しいと言われているんです。
Oくんはインターナショナルスクールに通っていたといっても1年1ヶ月のみ。
しかも、一歩園を出ると日本語まみれ・・・・。
だからと言って、近辺の英会話スクールではにとってちょうどいいレベル
のクラスが無い・・・。


Oくんが通うキンダースクールでは放課後、卒園生が通うアフタースクールと
サタデークラスがあります。
皆そちらに週2-3回通って、英語保持をしていきます。


しかし、週2-3日のアフターだけでは英語保持は難しいので
アフターの他に外部に通っている方もいます。


インターナショナル・キンダースクール 2<<botan83.gifbotan82.gif>>小学校進学後の英語保持&英語力アップ


英語育児

 

インターナショナル・キンダースクール

 

ママの英語やその他

 

継続は力なり・・・可能性は無限大

 

お気に入りの英語の絵本など

 

使用した教材(集めた教材)

 

WORK BOOK

 

英語以外の習い事・お勉強

 

ポール・シェアリング