インターナショナル・キンダースクール

インターナショナル・キンダースクール 1

長女は普通の日本語だけで生活する幼稚園に通いました。
長男( Oくん)のほうは、本人が希望したのもあって年中さんまでは普通の幼稚園に通い
年長さんだけインターナショナル・キンダースクールに通いました。


インターナショナルスクール.jpgインターナショナルスクールと言っても、
田舎にあるスクールで小学部はありません。


しかし、園へ一歩立ち入ると No! Japanese!
なので、完全な英語環境になります。


今まで通っていた普通の日本の幼稚園とは雰囲気が全く違うので戸惑いを隠せないOくん
Oくんの通っていた今までの幼稚園は、しつけやお行儀に厳しく、ピリっとした雰囲気、
俗に言う賢い御坊ちゃま達が多くいそうな園でした。


このキンダースクールは、皆の迷惑にならない一般的なルールと
クラスルールさえ守っていれば良しとした雰囲気のスクールです。
様々な国籍のお友達と先生方に囲まれて生活するので、自然と日本以外の国に
も興味を持ち始めました。


Oくんは、外国人がもつ独特なオープンな雰囲気に馴染めず暫くはカルチャーショックを
受ける日々が続きました。


インディアンスタイル.pngスクール内での座る姿勢は、ひざを立てる体操座りではなく、
あぐらをかく「インディアン・スタイル」で座ります。
しかしOくん、キンダーに入るまでにこの「インディアン・スタイル」で座る機会があまりありませんでした・・・・。
もちろん慣れるまでうまく座れませんでした。


入学した時は年中の3月。
Oくんの通うキンダーのお友達全員が英語の読み書きが出来ていました。P1040996.JPG


Oくんは、簡単な読み書きは出来るけど文法的なことは習ったことがありません。
年長さんになれば、週に2日 Diary(日記)がありますが、Oくん書けません・・・・
Oくん本人が焦ったのか、皆と同じように書けるようになりたいと
お家でワークブックを頑張ったりしていました。


頑張った甲斐で、皆のレベルには程遠いですが
3ヶ月ほどである程度は書けるようになってきました。


Reading Time<<botan83.gifbotan82.gif>>インターナショナル・キンダースクール 2


英語育児

 

インターナショナル・キンダースクール

 

ママの英語やその他

 

継続は力なり・・・可能性は無限大

 

お気に入りの英語の絵本など

 

使用した教材(集めた教材)

 

WORK BOOK

 

英語以外の習い事・お勉強

 

ポール・シェアリング